藤村と小諸城址・懐古園

藤村と小諸城址・懐古園
【小諸城址・懐古園 水の手展望台より】

 藤村は、小諸城址・懐古園をよく訪れていました。当時、園内には十五間ほどの矢場があり、小諸義塾の同僚たちと弓を引きに行ったと『千曲川のスケッチ』にはあります。藤村は弓を茶屋(現・山城館)に預けておいたようで、茶屋にはよく顔を出していたようです。
 小諸城址から見える風景を愛した藤村。「千曲川旅情のうた」に詠われている“古城”は、小諸城址・懐古園のことです。

「千曲川旅情のうた」詩碑

藤村と小諸城址・懐古園
【「千曲川旅情のうた」詩碑】

 昭和2年7月に、有島生馬の発案により藤村の友人や小諸義塾の関係者、多くの協力者の賛意により、懐古園内に「千曲川旅情のうた」の詩碑が建てられました。設計は有島生馬で、詩碑の詩は藤村の自書とし、高村豊周が鋳造した青銅パネルが自然石に埋め込まれました。詩碑のある水の手展望台からは、眼下に千曲川を眺めることができます。日本で最初の詩碑といわれています。


<千曲川旅情のうた (一)>

  • 小諸なる古城のほとり
    雲白く遊子悲しむ
    緑なすはこべは萌えず
    若草も藉くによしなし
    しろがねの衾の岡辺
    日に溶けて淡雪流る

  • あたゝかき光はあれど
    野に満つる香も知らず
    浅くのみ春は霞みて
    麦の色わづかに青し
    旅人の群はいくつか
    畠中の道を急ぎぬ

  • 暮行けば浅間も見えず
    歌哀し佐久の草笛
    千曲川いざよふ波の
    岸近き宿にのぼりつ
    濁り酒濁れる飲みて
    草枕しばし慰む


■住所   〒384-0804長野県小諸市丁311番地
■電話   0267-22-0296(懐古園事務所)
■開園時間 9:00~17:00(園内各施設共通)
      ※動物園・遊園地は除く
      ※城址公園のみ夜間は無料開放しています
      動物園 平日:9:30~16:30 休日:9:00~16:30
      遊園地 平日:9:30~16:30 休日:9:00~16:30
■休 園 日  冬季(12月~3月中旬まで)水曜定休
      年末年始(12月29日~1月3日)
      ※遊園地は毎年、冬季は休園(12月1日~3月上旬)
■入園料金 ・共通券 大人500円、小・中学生200円
       下記施設を全てご覧いただけます。
       <懐古園内散策、動物園、藤村記念館、徴古館、小山敬三美術館、小諸義塾記念館>
      ・散策券 大人300円、小・中学生100円
       下記施設をご覧いただけます。
       <懐古園内散策、動物園>
      ・単独券 大人200円、小・中学生100円
       徴古館、小山敬三美術館、小諸義塾記念館にのみ入館される方は単独券をお買い求め下さい。

※小諸市動物園は再整備工事のため令和3年5月10日~令和4年4月末(予定)の間、臨時時閉園いたします。令和4年5月にリニューアルオープンの予定です。
※再整備工事に伴い令和2年9月1日から当面の間、入園料金が変更しております。下記をご参照ください↓
 ≪小諸市動物園再整備工事中入園料金(PDFファイル:61.8KB)≫
  • 藤村と小諸城址・懐古園
  • 藤村と小諸城址・懐古園
  • 藤村と小諸城址・懐古園

~ 藤村ゆかりの地をめぐる ~