鏡石

鏡石 イメージ

武田信玄の軍師・山本勘助が小諸城築城時に使用したと伝えられている石です。勘助は朝夕この鏡石に自分の顔を映して内省したといわれています。

徳川秀忠公 憩石
慶長5年(1600年)関ケ原合戦出陣途中、徳川本隊は真田氏(上田城主)攻略の為、小諸城を本陣としました。その在陣中、秀忠公が腰をおろした石と伝えられています。