お知らせ

【「初恋」戌亥とこ】島崎藤村の詩が最新コンテンツでよみがえる にじさんじプロジェクト×こもろ観光局

小諸城址懐古園「紅葉まつり」の情報はこちら

 

「まだあげ初めし前髪の

 林檎のもとに見えしとき

 前にさしたる花櫛の

 花ある君と思ひけり」

小諸城址懐古園、中棚温泉中棚荘などにゆかりのある明治の文豪・島崎藤村。
数々の作品の中に、時代がかわっても多くの方が体験し共感できる詩集「初恋」があります。

「初恋」が世に出たのは、明治 29 年(1896 年)。
当時の日本では、好きな相手と自由に恋愛し結婚することはまだまだ一般的ではありませんでした。
自分の気持ちに正直に恋をする若いふたり。
その姿は西洋文化が流入した「新しい時代」の幕開けにふさわしく、大胆で新鮮なものだったのです。

新型コロナウィルス感染症の影響で現地に観光で訪れられない方も多く少しずつ小諸が遠のいてしまっています。そんな中で、オンライン上で、小諸城址懐古園や小諸とのつながり・小諸の空気を感じていただけるように、島崎藤村の「初恋」を現代の人気クリエイターと一緒に令和版の「初恋」として制作しました。

サブスクリプションサービスはコチラから


【にじさんじプロジェクト×こもろ観光局オフィシャルグッズ】
にじさんじプロジェクト×こもろ観光局オフィシャルパンフレット
「戌亥とこと初恋を探す旅 (アクリルスタンド付き)」


11月20日より追加販売いたします!
発売日:10月30日(土)11:00~販売開始します。
販売価格は2,200円(税込)
以下の店舗にて販売いたします!
・おしろや
・三の門土産品店
・中棚温泉中棚荘
・おみやげのみやさか
・小諸駅のまど
・藤村記念館

●小諸市内での販売のみとなります。

 

戌亥とこ「初恋」クリエイター紹介

歌唱:戌亥とこ(いぬいとこ)
まいど!戌亥とこです。ライバーとしてデビューしてから色んなことを経験してきましたが…小諸市とコラボが出来るなんて、今でもまだ実感が湧かずふわふわしています。このために制作された楽曲を大切に歌わせていただいたので、沢山の方が小諸市を知るきっかけに、
そして小諸市の方がもっと小諸市を好きになるきっかけになれば幸いです。

<戌亥とこプロフィール>にじさんじ所属。寂れた和風喫茶で働く女の子。店長の趣味でメイド服を着せられている。足下に見え隠れする尻尾が本物かどうかは、触れた人のみぞ知る。満月の夜は何か不思議な事が起きるらしい?
【戌亥とこYouTubeチャンネル

 

 

イラスト:花ヶ田(はながた)
イラストレーターの花ヶ田と申します。
仕事ではライトノベルの表紙や挿絵、ソーシャルゲーム等でイラストを描かせて頂くことが多いです。
自治体とのコラボでイラストのお仕事をさせて頂いたことが今まで
無かったので今回小諸市と戌亥とこさんのコラボでの
イラストとのこと、とても新鮮な気持ちで描かせて頂きました。
小諸市、戌亥とこさんの魅力をイラストからも感じて貰えたら嬉しいです。
<花ヶ田プロフィール>
コチラから作品をご覧いただけます
pixiv 【Twitter

 

作詞・作編曲:山本恭平(やまもときょうへい)
作詞・作編曲を担当した山本恭平と申します。
この度は僭越ながら島崎藤村の「初恋」を原作に楽曲制作を
させて頂きました。 美しい詩の情景を思い浮かべながら、一本の映画を作るようなイメージで詞曲を作り上げ 素晴らしい歌と映像によってとても鮮やかに彩られたこの楽曲 戌亥さんの歌が本当に素敵なので
是非、一度だけでなく何度でも聴いて頂ければ幸いです。

<山本恭平プロフィール> 1992年2月19日生まれ。A型。神奈川県出身。 2015年より桑原が率いる「Arte Refact」に参加。 『あんさんぶるスターズ!』や『アイドルマスターSideM』をはじめ、様々なコンテンツに楽曲提供をしている。 2021年9月には、戌亥とこ 2nd Single「Engaged Stories」も手掛けた。

 

 

 

音楽プロデュース:桑原聖(くわばらさとる)
音楽プロデュースをさせて頂きました、桑原聖と申します。 「Arte Refact」という音楽ブランドで普段はアニメ・ゲームなどのサブカルチャーを中心に音楽制作をさせて頂いておりますが、この度のように島崎藤村「初恋」という偉大な作品を自分たちの解釈で「新たな音楽作品」として世に産み出させて頂けたことは、我々の活動理念の本懐にも近く、それでいて新しいエッセンスとの出会いとなりました。
このような機会を頂けたことを大変光栄に思います。
「戌亥とこ」さんによる、色めき初めた瞬間を表現した艶やかな歌声と共に、この作品を楽しんで頂けましたら幸いです。

<桑原聖プロフィール> 1984年7月9日生まれ。東京都出身。B型。 2011年に音楽制作チーム「Arte Refact」を設立。 数々のアニメ主題歌やキャラクターソングを手掛け、2015年より『あんさんぶるスターズ!』のCDやライブ、舞台などの音楽プロデュースを担当。 2020年からは自身のバンド『Sir Vanity』の活動をスタートさせるなど、幅広く勢力的に活動している。

 

 

 

原作:島崎藤村「初恋」若菜集より
まだあげ初めし前髪の林檎のもとに見えしとき
前にさしたる花櫛の花ある君と思ひけり
やさしく白き手をのべて林檎をわれにあたへしは
薄紅の秋の実に人こひ初めしはじめなり
わがこゝろなきためいきのその髪の毛にかゝるとき
たのしき恋の盃を君が情に酌みしかな
林檎畑の樹の下におのづからなる細道は
誰が踏みそめしかたみぞと問ひたまふこそこひしけれ

 

島崎藤村と小諸

明治5年、木曽の馬籠(現在の中津川市馬籠)に、7人兄弟の四男として生まれる。
本名は島崎春樹。明治30年に詩「初恋」が掲載された第一詩集「若菜集」を刊行。
明治32年4月、恩師であり小諸義塾の塾長であった木村熊二に招かれ、長野県小諸町の小諸義塾に国語と英語の教師として赴任。明治33年に『旅情』(小諸なる古城のほとり)を文芸雑誌「明星」創刊号に発表。
「物を見る稽古」のために『千曲川のスケッチ』を書き記し始めたのもこの頃である。
小諸在住時の藤村は、自然や生活の様子などを新鮮な感覚でとらえ、「旧主人」「藁草履」「爺」「老嬢」
「水彩画家」「椰子の葉陰」などの優れた短編小説を残している。
明治35年頃から本格的に小説へと移行し、長編小説「破戒」の執筆に取りかかる。
明治38年3月小諸義塾を退職。4月29日には書きかけの原稿を持って上京、翌39年に長編小説「破戒」が自費出版される。「破戒」の成功は、詩作から小説家への転向を決定させた。
続いて発表された「春」や「家」などに至り写実的方法は定着した。
昭和3年、父正樹をモデルとした大作「夜明け前」に着手。昭和10年に完成となる。
また、日本ペンクラブの設立にも努め、初代会長となった。
昭和18年8月に脳溢血のため大磯の自宅で死去。享年72才。

 

にじさんじプロジェクトとは?
「にじさんじプロジェクト」は多種多様なインフルエンサーが所属するVTuber/バーチャルライバープロジェクトであり、各種イベントやグッズ・デジタルコンテンツの販売、楽曲制作などを通じて次世代のエンタメを加速させていくことを目的としています。現在、約100名の所属ライバーが個性を存分に活かし、YouTube等の動画配信プラットフォームにて活動しています。

にじさんじオフィシャルサイト

 

©ANYCOLOR, Inc.