お知らせ

【安藤百福センター】第10回ロングトレイルシンポジウム開催のご案内

安藤百福記念 自然体験活動指導者養成センター(略称:安藤百福センター)より、シンポジウム開催のご案内です。

第10回 ロングトレイルシンポジウム~迫るインバウンドの再訪に向けて~
開催日:2023年2月25日(土)
時 間:13:30~17:30
会 場:安藤百福センター( 長野県小諸市大久保1100番)
定 員:現地参加50名(+オンライン参加100名)
参加費:無料

<お問合せ・お申込み>
安藤百福センター TEL:0267-24-0825 MAIL:info-center@momofukucenter.jp
※詳細及びお申込みページはコチラ

今回のテーマはトレイル×インバウンド
田舎の資源を活かしたインバウンド観光の講演や、
アウトドア雑誌の編集長など女性パネラーたち山旅のトレンドについてもトークします。

安藤百福センターでの現地参加と、オンライン参加が選べます。
どちらも定員間近となっておりますので、お早めにお申込みください。

~迫るインバウンドの再訪に向けて~
ウィズコロナの時代へと舵を切り、社会・経済の正常化へ向かう動きが進んできた。
また、インバウンドの回復が加速している中で、日本の深い魅力を発見できる「歩く旅」は、ますますニーズが高まると期待されている。
そこで今回のシンポジウムは、インバウンドの再訪に向けてロングトレイルがどのような役割を果たせるのか、議論し深めていく機会にしたい。

【開催概要】
|講演「田舎の資源を活かしたインバウンド観光 ~Walk Japan 30年の歩み~」
ポール・クリスティ(Walk Japan CEO)

|講演「それからのJAPAN TRAIL®」
中村 達(日本ロングトレイル協会代表理事、安藤百福センター センター長)

|報告「国立公園等の上質な利用に向けた取り組み」
岡野 隆宏(環境省 自然環境局 国立公園課 国立公園利用推進室 室長)

 

|トークタイム「山と旅をめぐるこれからのトレンド」
安仁屋 円香(ランドネ編集長)
矢部 華恵(エッセイスト・ナレーター)
青崎 涼子(全国通訳案内士・日本山岳ガイド協会認定登山ガイド)
コーディネーター 小林 千穂(山岳ライター)

 

|講演「インバウンドを引き付けるアドベンチャーツーリズムの魅力」
山下 真輝(日本アドベンチャーツーリズム協議会理事、JTB総合研究所交流戦略部 部長)

 

|講演「京都の自然を歩く 京都一周トレイル® について」
湯浅 誠二(京都一周トレイル会 会長、(一社)京都府山岳連盟会長)

 

|紹介:茶の道ロングトレイル
名倉 偉能(茶の道ロングトレイル代表、日本山岳ガイド協会認定登山ガイド)

 

|ご案内:国東半島峯道ロングトレイル
清成 隆(国東市役所観光課長兼(一社)国東市観光協会事務局長)

主催:(特非)日本ロングトレイル協会
共催:安藤百福センター