小諸市観光案内所 電話:0267-22-0568 営業時間:4月〜11月 9:30~17:30 / 12月〜3月 9:30〜16:30

お知らせ
News

お知らせ
Category: お知らせ

黒斑山への登山が可能になりました!  浅間山の噴火警戒レベルが3から2へ引き下げ

黒斑山への登山、天狗温泉からの周遊登山が可能になりました。

 

入山可能エリア、噴火情報についてはこちらをご参照ください▶小諸市役所公式ホームページ

小諸市内では、周辺の宿泊施設や里山、市街地など、噴火警戒レベル2による影響はありません。(入山規制内は除く。)

これからハイシーズンとなる、浅間山・高峰高原の景色などを楽しめる小諸へのご来訪をお待ちしております。

噴火警戒レベルの引き下げにより、火口から概ね2kmまでは、登山道に限り入山が可能になりました。

 

 

 

 

【噴火警戒レベルについて】

浅間山の噴火警戒レベルは、3(入山規制)から2(火口周辺規制)に引き下げられました。

 

【入山可能範囲について】

火口から概ね2kmまでは、登山道に限り入山が可能になりました。

登山可能な経路としては、

≪浅間山登山口≫ 浅間山荘⇒一の鳥居⇒二の鳥居⇒火山館⇒湯の平口分岐⇒賽の河原分岐まで入山が可能

≪黒斑山登山口≫ 車坂峠⇒槍ケ鞘⇒トーミの頭⇒黒斑山⇒蛇骨岳⇒仙人岳⇒鋸岳⇒Jバンド⇒賽の河原分岐まで入山が可能

となっております。

 

【防災上の警戒事項等】

≪気象庁の発表内容≫

浅間山は、8月7日に小規模な噴火が発生したことから、山頂火口から概ね4kmの範囲に影響を及ぼす噴火が発生する可能性があると判断して噴火警戒レベルを3に引き上げました。その後、噴火は発生しておらず、火山ガス(二酸化硫黄)の放出量や地殻変動に新たなマグマ上昇を示す変化は認められていないことから、現時点では、山頂火口から概ね2kmを超える範囲に影響を及ぼす中規模な噴火が発生する可能性は低いと考えらます。

一方で、小規模な噴火が発生したことを踏まえると、当面は小規模な噴火が発生する可能性があります。

以上のことから、8月19日11時に火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルを3(入山規制)から2(火口周辺規制)に引き下げました。

 

山頂火口から概ね2kmの範囲では、弾道を描いて飛散する大きな噴石や火砕流に警戒してください。地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。

噴火時は、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石が風に流されて降るおそれがあるため注意してください。

 

 

なお、小諸市内では、周辺の宿泊施設や里山、市街地など、噴火警戒レベル2による影響はありません。(入山規制内は除く。)

これからハイシーズンとなる、浅間山・高峰高原の景色などを楽しめる小諸へのご来訪をお待ちしております。